緑区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(緑区)―

正木 大介 院長/十日市場ファミリー歯科(十日市場駅・歯科)の院長紹介ページ

正木 大介 院長

DAISUKE MASAKI

地域の皆様に「また来たい」と思っていただけるようなファミリー歯科を目指して

鶴見大学歯学部卒業。同大学歯学部附属病院・障害者歯科に入局。医療法人で分院長を務めたのち、 2018年5月15日に『十日市場ファミリー歯科』を開業(JR横浜線「十日市場駅」より徒歩7分)。

正木 大介 院長

正木 大介 院長

十日市場ファミリー歯科

緑区/十日市場町/十日市場駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

あらゆる人が気軽に訪れることのできるファミリー歯科に

正木 大介 院長

当初から医療系に進みたいと思っていました。そう考えるようになったのは、歯科医師だった祖父や父の影響かもしれません。それに加え、私は子供の頃から細かい作業が好きだったものですから、2人と同じ道を歩むことを決めたのです。
大学卒業後は付属病院の障害者歯科に入局しました。補綴や保存等、他分野については、開業医として勤務していく中でスキルを身につけることは可能です。しかし、様々な理由で診療が困難な人の治療の実態を知り、それを身に付けるのは、大学でしかできないことと考えたのです。
『十日市場ファミリー歯科』は2018年5月に開院いたしました。駅前やオフィス街で開業される先生もいらっしゃいますし、それも1つの選択でしょう。ただ、あらゆる世代の方を診ていきたいと考えていた私にとって、この場所が最も好ましいと感じられたのです。

小さなお子さん連れのお母さんも気軽に利用いただけるように

正木 大介 院長

場所を選定するにあたり、もう1つこだわったのが1階であるということでした。当院はバリアフリー仕様となっており、駐車場から車椅子やベビーカーでそのまま入っていただけます。コンセプトの1つとして、大人からお子さんまで、そして障害のある方を含め、あらゆる方を診ていきたいということがあり、これは絶対の条件でした。
私自身、子を持つ親として、お母さま方から「小さな子供を連れては、歯医者さんに行きづらい」といったお話を伺うことが多々ありました。実際、小さなお子さんがいるご家庭では、ご自身の歯に対するケアが後回しになりがちなケースが多いのではないでしょうか。こちらには、待合室と診療室にキッズスペースが備わっています。お母さんと一緒がいいという子は、隣で遊んでいてもらえればいいですし、待合室で遊びたいという子の様子は、モニターを通してどのユニットからもご覧いただけるようになっています。
他の患者さんのご迷惑になるからと、子供が泣いてしまうことを気にされて足が遠のいている方も多いかもしれません。ですが、ここでは全くそのようなお気遣いは必要ありません。どうぞ遠慮なく、いらしていただけたらと思います。

子供の治療はスモールステップが大切

正木 大介 院長

お子さんの治療については、スモールステップでやっていくことが大切です。いきなり削るなどということはもっての外で、まずは座るところから始め、徐々に徐々にレベルをあげて、歯医者さんに慣れていってもらうことが大事です。
おおよそ2歳半までの間に、お口の中の菌の構成が決まってしまうと言われています。歯医者さんに親しんでもらう中で、どんなことに注意して日々を過ごすべきかを皆様にお伝えし、生涯にわたって虫歯にならないお子さんにしていけたらと考えています。その時期を越え、虫歯のリスクが比較的高いお子さんの場合には、フッ素や乳酸菌を用い、そのリスクをできるだけ小さなものにできるよう努めていきます。
虫歯をつくらない。そのことを第一に考えて診ていきたいですね。

1人ひとりに合った最適な治療を

虫歯にならないこと、歯周病にならないことが肝心ですが、治療が必要となった場合には、その人それぞれにとって最適な方法を選択していけたらと考えています。
虫歯が1つできたとして、その要因は必ずしもその歯だけにあるとは限りません。仔細に検討した結果、全体的な治療をおこなうことが望ましいこともありますが、時間等の制約もあり、誰しもがそれを望むというわけではないのでしょう。情報をしっかり提供した上で、決して無理強いをすることなく、その方にあった最良の治療を提供できればと思っています。
自由診療となりますが、虫歯の治療の1つに、カリソルブというものがあります。こちらは、専用の薬液を使い、虫歯の部分を柔らかくし、それを取り除いていくというものです。削るのがどうしても苦手な方や、麻酔を受け付けない、という方には非常に有用なものです。
こうした治療も、選択肢の1つとして皆様に提示し、その中からご自分に合った治療を選んでいただくということになります。そして大切なのが、どのような選択肢であれ、治療した歯が長く保つよう、我々は努力していくということなのです。

これから受診される患者さんへ

今後は、SmilTRU(マウスピース矯正)への取組みを充実させていきたいと考えています。歯並びが良くなると、歯周病や虫歯の予防になるだけでなく、歯がきれいなことが、お口への関心を高めることにつながる面がありますし、予防に目を向けていただけるきっかけとしていただければと思っています。

院内は、木をふんだんに用い、あたたかみのある、やわらかな空間となっています。歯医者さんが苦手という方であっても、少しでも心が安らげると感じていただければ幸いに思います。歯ブラシを1つ買いたい、といったことでも構いません。お口のことで何か気になることがありましたら、どうぞお気軽に足を運んでいただければと思います。

※上記記事は2018年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

正木 大介 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:宝塚鑑賞
  • 好きな本:ビジネス書
  • 好きな映画:『スター・ウォーズ』
  • 信条:「目標に向かって0.1歩でも前に進めるように」
  • 好きな音楽:J-POP
  • 好きな場所:きれいな場所

グラフで見る『正木 大介 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート